naturally 〜在りのまま〜

Love Spiritual Peace Collegeと共に 自己探求
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
砂曼荼羅


映画、【グランブルー】を観た。


紺碧の海、人とイルカ、無意識への憧憬と恐れ。

わたしにとってはスピそのもののエッセンス、まんまだだった。


主人公はジャック・マイヨール
フリーダイビング(素潜り)で人の限界を超えた、世界的に名を馳せた人である。


そんなことはみじんも知らなんだ(爆)

てか、そんなことはわたしとしてはどうでもいいのだか(笑)



主なストーリーは、

フリーダイバーのジャックとエンゾ、そしてジャックを愛したジョアンナという女性、この3人を軸に巡る愛と友情と挑戦のドラマで、
少年期、ギリシャの海で共に付かず離れずの間柄で過ごしたジャックとエンゾ。
ジャックの家は母親が居ず、ダイビングで貝類などの漁をしていた父と叔父と暮らすが、その父を漁の最中の事故で失う。
数年後、成人したジャックはエンゾの探索で再び巡り会い、海で競い合う関係になるのだが、 深海環境への適応性において、彼は特異体質と言ってもよいほどの身体能力を持っていることが医師の調査によって分かる。
一方のエンゾはあくまでも人間的に、果敢にその限界に挑んでいくのだが、その追求が彼にとって死をもたらす結果となる。
また、ジャックはイルカと共鳴することが出来、イルカと共に夜の海で「楽しく遊ぶ」事が彼にとっての日常なのだが、彼に思いを寄せる女性ジョアンナはジャックと自分との「愛の意味の違い」に、不安を感じ嫉妬さえ抱く。
エンゾの死を封切りに、ジャックは「何故自分は海に潜りたいのか、また潜るのか」という自分の内にある問いを突き詰めるかのように海に向かい、彼を手離したくないジョアンナの静止の声を振り切ってダイビングの準備を整える。
そしてラスト、
彼を引き止める事は出来ないのだと悟ったジョアンナに送り出され、
ジャックは深い海に潜る。

深い海の中、競技用の測定の機械の最深部を越えた向うに、ジャックを迎えに来たかのように一頭のイルカの姿が。
イルカに誘われて、ジャックは命綱でもある測定器の最深部からゆっくり手を放した…






ここで映画は終わり。

そして彼はどうなったのか、謎のままでエンディングだ。




この映画を観てわたしが感じたこと。

生まれながらにスピリット性が色濃い人間、
3次元の機能不全、
しかし機能不全でさえ同じ愛だったこと、
霊性(愛)に対する無意識の恐れ、
そして人はそれでも霊性(愛)に焦がれてそこに戻ろうとする

恐れを手放した先には何があるのか、
この映画ではラストシーンだったけれど、ここからようやく始まる、と…




スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
あうっ
「フラン・ブルー」はポスター買っちゃったほど(笑)大好きな映画です!
参考になりまふ。
2007/03/01(木) 21:41:58 | URL | Miki #-[ 編集]
Mikiさんへ
さぞや美しいポスターなんでしょうね〜、
いいなぁ^^

実はわたし、この映画で泣きの解放(変容)が2度も起こったんですよ。
見ようによっては深いと思います。
2007/03/06(火) 09:26:07 | URL | 久美 #EO0B5AXI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。